物を食べる過程でよく噛んで、顎を鍛えて食べる事は必須

物を食べる過程でよく噛んで、顎を鍛えて食べる事は必須

ダイエットにおいて、昔はリンゴやバナナなどの、一食食べるのみのダイエットがはやりの一種となってましたが、体重は減る分には良いのですが、栄養が偏るせいで、綺麗な痩せ方はできません。スムージーダイエット等も、広告で煽っている割には、噛むという行為をしないので、食べた気にならないせいもあってか、逆に顎が太るという事も問題視されています。

 

そのような、ダイエットの中で問題視されている一面を見て私は、物を食べる過程で栄養を偏らせずに摂取する事と、よく噛んで、顎を鍛えて食べる事は必須です。

 

最近注目を浴びているものに炭水化物ダイエットがあります。ご飯やパンを食べずに、おかずのみを食べてダイエットするという手法ですが、この方法を試した体験者からは、体重を減らせたが、代わりに筋力が減ってしまい、不健康になったという話もよく聞きます。

 

ならば、もうダイエット面で、食事制限において試せる事といえば、しっかり栄養をバランスよく摂取する事が一番ではないかと、私は思いました。別に炭水化物は摂ってもいいのです。ですが代わりに、一食における炭水化物摂取量を、減らすべきだと思います。ご飯を減らした代わりに、歯ごたえの残っている野菜を食べましょう。一食だけのばっかり食いは避けて、ご飯とおかずは食べ合わせてよく噛めば、脳にも、飲食をしっかりしているという刺激の信号が伝わって、満腹感を味わえるようになるのです。

 

そしてもう一つ、主食を食べる前にしておく事は、水を一杯飲んでおく事です。水っ腹で空腹感を誤魔化して、主食を食べれば、直ぐに満腹感を感じて、一食の食べれる量も減らせます。糖分無しの炭酸水も、腹を膨らませるのも効果があるのでオススメします。

 

それでもどうしても空腹を感じて我慢ならないのでしたら、糖分0の、キシリトールガムを噛みましょう。幾ら食べても良いですし、顎が疲れを感じて、脳が誤信号を起こして満腹感を感じるようになるので、空腹を誤魔化す場合も、やはり「噛む」という行為を、大切にしていくと良いでしょう。